八尾地区保護司会は2024年「創設70周年」を迎えます

八尾地区保護司会創設70周年記念事業にむけて

八尾地区保護司会は昭和28年7月創設以来本年で「創設70周年」を迎えます

昭和20年代初期の戦後復興期を経て、経済成長期への途上にあった昭和28年7月、八尾地区保護司会は村尾静明初代会長のもと創設されました。以後、高度成長期を経て人々の生活や更生保護対象者を取りまく環境は大きく変化をしてきました。そのような変化の中にあっても、八尾地区保護司会は、70年間変わらず社会奉仕の精神をつらぬき、犯罪を犯してしまった人々の更生と、安全で安心な社会を築くため日々活動を続けてまいりました。

令和6年度は、その70年の歴史をふり返り、あわせて今後の八尾地区保護司会のさらなる更生保護活動の理想の実現に向け記念事業を行ってまいります。

創設70周年記念事業

 

「八尾地区保護司会創設70周年記念大会」

令和6年7月20日(土曜日)午後1時30分~2時00分 八尾市文化会館(プルズムホール) 小ホール

 

「八尾地区保護司会創設70周年記念 記念講演」

令和6年7月20日(土曜日)午後2時20分~4時20分 八尾市文化会館(プルズムホール) 小ホール

記念講演 「不登校を大人はどう理解するか?」-「生きる力」はきみの中にあるということ-

講師 立正大学 心理学部教授 鹿島真弓 先生

 

「創設70周年記念誌」発行

令和7年2月発行予定